「現状の不満を解消するために、より良い人生をお送りいただくために、我々競艇RITZを是非お役立てください。」
なんだか宗教っぽさのある売り文句ですが、お金があればたいていのことはできるのは事実ですよね。
競艇RITZが本物の“稼げる優良競艇予想サイト”だったら間違いにはならないのかもしれません。
信用に値する予想サイトなのか、検証します。

■基本情報
サイト名:競艇RITZ
サイトURL:http://boat-ritz.com/index.php?&brt=73
販売業者:競艇RITZ運営事務局
責任者:櫻井 倫也
電話番号:03-6822-5848
メールアドレス:info@boat-ritz.net
所在地:東京都渋谷区南平台町16-28

■目次
【h2—1】ギャンブルではなく投資、だから何?
【h2—2】危険なメールをばらまく危険な運営
【h2—3】競艇RITZは悪徳グループサイト
【h2—4】まとめ

ギャンブルではなく投資、だから何?

競艇RITZは「競艇=ギャンブル」という認識に明確に「NO」を突きつけます。

なぜそう言い切れるのかについてはこちら

競艇RITZにとって
ギャンブル=トータルで損をするもの、
投資=トータルでプラスになるものであり
競艇RITZは「競艇は投資」と捉えているとのことです。

この時点で「?」がいくつも浮かびませんか。
「投資」という言葉が世間一般で言う、株や有価証券、不動産等への投資を指しているのであれば
投資でもトータルで損をすることってありますよね?

例えば1株10,000円で100株買った会社の株式が、
1年後に1株9,800円になってしまった。
この場合であれば、1株あたり200円の損になるので合計で20,000円の損になります。

このように投資で損をすることは珍しいことではないのです。

あれ?「投資」なら勝てるって言ってましたよね?
トータルで結果的に損をしたから「投資」では無く「ギャンブル」になってしまうのでしょうか?
結果が出るまでは「投資」と「ギャンブル」の区別をつけることは出来ないことなのでしょうか?
要は、

ギャンブル=結果的に負ける愚かなもの
投資=結果的に勝てる賢いもの

という間違ったイメージを最初に植え付けようとしているのです。
そして間違った前提でユーザーを惑わせた後は言いたい放題。

【競艇RITZ】では、膨大な過去のデータ分析と独自のロジックで編み出した自動解析ツールを元に、現地からの独自情報網、関係者から得られる極秘情報を踏まえ、個人レベルでは到底不可能な情報の収集、分析を行っております。

どれだけの設備投資とそれを保守・運用するための人件費がかかるのでしょうか。
仮に本当にそんなものが存在したとして、その費用を払うのは当然、我々ユーザーからの情報料です。
不確かな上、相当な額が必要なのではないでしょうか。言いたい放題はさらに続きます。

更に【競艇RITZ】の中にはそもそも競艇に興味はない人間も多数在籍しております。 そういった人間の多くはトレーダー(投資家)として活動しているため、競艇を競艇としてではなく、「数値を元にした投資対象の一つ」として捉えることができております。

えっ?競艇に興味がない、知識もない人の予想のどこに価値があるのでしょうか。

投資家を英語にすると「インベスター」ですが、ここでは証券の売買を行う「トレーダー」が数値を元にした投資対象の一つとして競艇を捉えているらしいです。
証券市場と競艇がお同じノウハウや考え方であるとでも言うのでしょうか。
競艇やらせたいのか証券やらせたいのか、いよいよわかりません。

というか文章の意味が分からな過ぎて混乱してしまいますよね。
そして結びにはこう書かれています。

競艇を理解した人間による情報・分析、そして競艇を知らない人間による投資のための数値としての分析、これが【競艇RITZ】が競艇を投資として捉え、継続的に的中をお届けてきている理由です。

いや…矛盾や綻びだらけの説明をまとめてドヤ顔されても…って感じですよね。

これを書いてる方も自分でわけわかんなくなっちゃったのでは?
こんな支離滅裂なことを言うサイトの情報をどうやって信じればいいのか、本当に謎です。

危険なメールをばらまく危険な運営

トップページの会員登録画面直下に何やら気になる記載が…

※必読※ docomoメールでご利用予定の方へ

2019年1月23日にドコモより開始されましたサービス『特定送信元/ウイルスメール拒否設定』により、当サイトからのメールが届かなくなったという事象が報告されております。

という事で、docomoメールユーザーへ設定の変更を求めるものでした。

そこで「メールが届かない、それは大変だ。設定変更しなきゃ」と素直に思うバカはいませんよね。

『特定送信元/ウイルスメール拒否設定』に引っかかったってことは、何か危険ってことだよね?と思うのが自然です。

ドコモ公式サイトを確認してみたところ、
『iモードメール、ドコモメールをご利用の場合にフィッシング詐欺を含む危険なメールの拒否やメールに添付されたウイルスの自動駆除がされるようになります。』とありました。

“危険なメール”と大手キャリアが判断するとはどういうことか。

つまりは、送信元が過去に何らかのトラブルでブラックリスト入りしているか、ウイルスの添付が確認される、もしくはメールの仕様や傾向が詐欺・ウイルスメールの特徴に当てはまる。という事が考えられます。
いずれにせよ何の理由もなく制限がかかるような設定ではないのです。

いわば盾の役割を果たすこの『特定送信元/ウイルスメール拒否設定』を何食わぬ顔で解除させようとする悪びれのなさがすごいですね…怖い…。
もうこの時点で信用も何もありません。悪徳サイトです。

競艇RITZは悪徳グループサイト

前項で触れた注意書きについて「危険とは言うけど、他の競艇サイトでも見たことあるぞ」という方、そうなんです。
他のサイトでもたびたびこの注意書きがあるのです。

具体的に上げると
ブルーオーシャン、競艇ライナー、船国無双、船の時代、フルスロットル、クラブギンガ等です。

ブルーオーシャン
競競てい競艇競艇ライナー
船国無双

似てる、っていうか一言一句同じ文章ですね。
それもそのはず。これらは同じグループサイトです。

このグループは
利用者のことをカモとしか見ておらず、いたずらにサイトを乱立させています。
どこよりも自信があるような物言いをしていながら、予想の質を置き去り、もしくは下げてプランを増やし売りさばいているのです。
本当に予想の質にこだわっているのなら、こんなにサイトを乱立させて同じ価格帯のプランを複数のサイトで売る必要はないはずですよね。

この悪徳グループサイトを利用するのは絶対にやめましょう。

まとめ

言っていることがめちゃくちゃで見るに堪えない予想サイトでした。完全に利用者をなめている上に、間違った知識を植え付け意のままに操ろうとするなんてタチが悪いです。
さすが悪徳グループサイト。
登録・課金するには危険だと言えます。