今回検証するのは、競艇予想サイト『ブルーオーシャン』。
サイトデザインはスロットをイメージしているのでしょうか。
ギャンブルっぽさに振り切っていて、逆に他のサイトにない斬新さを感じます。
口コミや他検証サイトではいい評価と悪い評価が半部半分といった感じですね。
ブルーオーシャンははたして優良サイトと言えるのか、確認していきましょう。

■基本情報
サイト名:ブルーオーシャン
サイトURL:http://boat-blue.com/index.php?bob=35&
販売業者:ブルーオーシャン運営事務局
責任者:長島 壮平
電話番号:03-6416-5447
メールアドレス:info@boat-blue.com
所在地:東京都渋谷区桜丘町15-14 フジビル40

■目次
【h2-1】『プロの無料コンテンツ』半分以上ウソも同然
【h2-2】退会方法が書かれていない
【h2-3】ありえないセキュリティの甘さ、個人情報漏洩の恐れ
【h2-4】トラブルに巻き込まれるかも!大手キャリアから危険判定
【h2-5】『ブルーオーシャン』は悪徳グループサイト
【h2-6】まとめ

『プロの無料コンテンツ』半分以上ウソも同然

ブルーオーシャンは
「競艇記者歴15年のMr.オーシャンが的中予想を厳選」というのが売りのようです。

その他にも3つの無料コンテンツを前面にアピールしていますね。

上の二つに関しては会員登録をしてみて違和感を感じました。

まず無料コンテンツ①Mr.オーシャンの競艇ブログです。

非会員ページには毎日ブログについて

元競艇記者であるMrオーシャンが競艇をアツく語ります。 今でも記者に知り合いが多く、直前の「ピット情報」選手同士の関係値や「談合」話など。 元記者が今だからこそ明かせる、雑誌や新聞では書けない暴露話も続々!

と書かれています。
しかし実際に登録して内容を読んでみるとただの競艇好きのブログでした。

1か月ほど様子見しましたが「談合」話なんて一切ありませんし、
直前のピット情報や関係値についても触れられていませんでした。
「元記者が今だからこそ明かせる、雑誌や新聞では書けない暴露話」なんてものもなく、レース後のレビューのようなただの感想ばかりで有益な情報は何一つ得られませんでした。

とにかく元記者じゃなくても書ける内容ばかりで、非会員サイトでアピールされているようなことは何一つ載っていません。

期待しないことをおすすめします。

無料コンテンツ②については
登録してからの1か月で1回も配信はありませんでした。
不定期更新とは書かれていますが、本当にやっているのでしょうか…?

内容としては元スポーツ記者のMr.マスクド6号が競艇新聞などに付けられる印の「思惑」を逆読みし情報会社が本当に狙っているレースを公開するというものです。
しかしほとんど更新されませんのでこちらも期待しないほうがいいです。

無料コンテンツの充実をアピールしていますが、
実態の伴っていないものばっかりで騙された気分です。
予想に自信がないのか、嘘でもアピールしないと登録者が増えないのか…。

退会方法が書かれていない

ブルーオーシャンには退会方法が明記されていません。
通常、退会方法は「特商法に基づく記載」や「利用規約」にわかりやすく記載されているものなのですが、ブルーオーシャンではサイトやメールのどこを探しても見当たらないのです。

スムーズに退会できるかどうかは、優良サイトか悪徳サイトかを判断する大きな要素ですよね。

退会方法が明記されていない予想サイトは非常に厄介で、
退会の問い合わせに対して高額な手数料を請求をすることもあれば
しつこく引き止めてなかなか退会させてくれないこともあり、
はては退会希望のメールを無視され、覚えのないスパムメールが送り付けられるなどのトラブルにつながる可能性もあります。

なんにせよ俗にいう優良サイトであれば
ユーザーの利便性を重視し、わかりやすいところに退会フォームを置くなどするはずです。

不信感が募ります…。

ありえないセキュリティの甘さ、個人情報漏洩の恐れ

ブルーオーシャンの会員ページのブラウザ左上部をご覧ください。

びっくりマークに保護されていない通信とあります。

これはSSL化されていないページに表示される警告です。

SSL化すると通信が暗号化され、第三者からのデータ干渉を防ぐことができます。
逆に通信が暗号化されていないと
第3者のなりすましやデータ改ざん、個人情報漏洩のリスクが高まってしまいます。
ブルーオーシャンはSSL化されていないサイトなので、かなりセキュリティが甘い状態といえます。

今やSSL化はサイト運営を行う上で必須事項。
個人情報を扱う会員制サイトでSSL化されていないのはあり得ません。
個人情報やサイト運営に対しての意識が、危険なほど低いのがわかります。
最低限の情報管理もできないようでは、扱う情報の質もたかが知れています。

漏れても問題のない適当な予想しか扱っていないのでしょう。

トラブルに巻き込まれるかも!大手キャリアから危険判定

会員登録欄の直下に気になる注意書きをみつけました。

※必読※ docomoメールでご利用予定の方へ
2019年1月23日にドコモより開始されましたサービス『特定送信元/ウイルスメール拒否設定』により、当サイトからのメールが届かなくなったという事象が報告されております。

ということで、docomoメールユーザーに『特定送信元/ウイルスメール拒否設定』の設定変更を求めるものでした。

ドコモ公式を確認してみると
『iモードメール、ドコモメールをご利用の場合にフィッシング詐欺を含む危険なメールの拒否やメールに添付されたウイルスの自動駆除がされるようになります。』とありました。

ブルーオーシャンのメールは
フィッシング詐欺や、ウイルスが添付されている危険性のあるメールと大手キャリアに判断されたということですね。

『特定送信元/ウイルスメール拒否設定』という名前からも、ブラックリスト的な過去の送信元のトラブル記録やウイルススキャンを参考に該当のメールを制限しているものと思われます。

その設定は利用者を守るために必要な設定のはずなのに、
しれっと拒否しないように設定変更を呼びかけるなんて、相当悪です。

脳死して言うなりになっては、トラブルを引き寄せるようなものですよ。

『ブルーオーシャン』は悪徳グループサイト

実は上記で指摘した『特定送信元/ウイルスメール拒否設定』の設定変更を求める記載は、他の予想サイトでも確認できます。

具体的に挙げると、
【競艇ライナー】【船国無双】【船の時代】【フルスロットル】【クラブギンガ】【競艇リッツ】等です。

※上から【競艇ライナー】【船国無双】【船の時代】のdocomoメールの設定変更要請画面。

これをパッと見てお気づきかもしれませんが、一言一句同じなんです。
上で例として挙げている7サイトすべてが同じ文言で利用者に呼びかけています。

こんな偶然あり得ませんよね。

これらのサイトは同一グループによる運営と思われます。

複数の予想サイトを運営する悪徳グループです。

予想の質を追求するのであれば、サイトは一つでいいはずですよね?
中の人も同じ、システムも同じ、価格帯もほとんど変わらないのですから
プランを量産しては予想の質を下げるだけです。

でも、このグループはひたすらサイトを増やし続けます。
サイトが増えればプランも増え、参加が増えることで運営が儲かるからです。

利用者のことなど一切考えていません。

「予想は質より量」の悪徳予想グループサイトですからね。
セキュリティの低さや非会員ページの内容の適当さにも納得がいきます。

絶対に信用してはいけません。

まとめ

危険なメール判定されているわ、詐欺的な呼び込みで利用者を騙し登録させるわ、セキュリティは甘々だわで、悪徳と言わずして何?という危険サイトでしたね。
デザインだけでいうと他にはない感じでどこにも属していないのかなと思いきや、しっかり悪徳グループサイトでした。
見えてくるのはリスクばかり。利用してもいいことはないと思います。